• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
軽井沢の山荘
塩田能也/インターデザインアソシエイツ
bookmark_outline
概略
軽井沢の自然と調和することを目指して設計された住宅。家の中心となる広間から、全面に森を望めるようにL字開口の隅柱をなくし、自然の不規則なパターンが室内まで連続するように、天井には不規則に凹凸が設けてある。 なお、平面計画は吉村順三設計の「吉村山荘 (軽井沢の山荘) 」を参考にしている。
所在地
長野県
掲載誌
新建築住宅特集 2010年2月号 122P