DOUBLE DECKER HOUSE

architect長崎辰哉

address東京都

住宅特集2009年6月号 106P

都心の住宅地に建つ二世帯住宅で、1階と2階にそれぞれの世帯が玄関を異にして住んでいる。傾斜地に建つため、1階は外断熱した高基礎部分をエントランスとし、スキップフロアによって螺旋状に上がる居住スペースとなっている。2階は斜線制限に沿った家型の屋根に合わせた天井を現しとしている。1階、2階ともに建築条件がそのまま表現に現れており、その表現を照明が強調している。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年6月106ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。