深見の住宅

architectワークステーション

address神奈川県

住宅特集2008年5月号 118P

切妻屋根の住宅形状の中に、950mmのレベル差がある2階床面を設定。そのズレを透明のポリカーボネートとしハイサイド窓のようにすることで、それぞれの空間の関係性をつくっている。屋根架構を現しとすることで、諸室の連続感を出しつつ、床のレベル差により距離感が生まれている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年5月118ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。