カヒナ

architect城戸崎和佐建築設計事務所

address大阪府

住宅特集2008年5月号 106P

間口8.4m、奥行き7.7m、高さ5。1~6.5mのワンルーム空間の周に居室やユーティリティを配置し、南面に大開口を設けている。この巨大なヴォリュームを成立させるために、東西の壁に1,200mmピッチで袖壁を設け、バットレス構造としている。諸室、水回りはポリカーボネートの建具やカーテンなどで緩やかに吹抜け空間と仕切られる。カヒナ(腕の古語)とは、空間を抱くような斜めにかしげた形から名付けられた。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年5月106ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。