• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
桜が丘の家
林順孝建築設計事務所
bookmark_outline
概略
内部は4つの床レベルによるスキップフロアで構成される。庭やテラスを望む大開口部、H鋼で見切られた薄いスラブ、階によって異なる素材感が特徴で、独特の浮遊感が感じられる。また大開口部に用いた既製品のテンパライト・ドアは、ガラス自体がサッシュ剛性や耐風圧力を負担するため、細身のサッシュが可能となった。
所在地
京都府
掲載誌
新建築住宅特集 2008年4月号 52P