緑陰の家

architect早草睦惠/セルスペース

address長野県

住宅特集2007年10月号 123P

L字型スラブの上に、大きさの異なる直方体を並べ、窓の大きさを変えることで開放的な部屋、籠る部屋というように、部屋の性格を変えている。直方体間では外壁が室内に回り込み、空間の分節を強調している。敷地の向かいは同じ設計者による「水平線の家」で、互いに視線が交錯しないように配慮された。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年10月123ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。