クローバーハウス

architect宮本佳明建築設計事務所

address兵庫県

住宅特集2007年5月号 40P

クローバー形をした天井高4.6mのホール状の空間は家族共有のスペースであり、鉄板の壁面の彎曲によりさまざまな性格のスペースが生まれる。そこから横に掘ら込まれた天井高2.1mのボックス4つが、個室や水回りのスペースとなっている。仕上げとなる鉄板は9mm厚でコンクリートの型枠を兼用している。曲率ごとに18ピースに分割されたクローバー壁と4個のボックスに分けて工場製作され、現場で組み立てられたが、ジョイント部をすべて完全溶込み溶接とすることにより、それ自身が防水層となっている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年5月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。