八木山ゲストハウス

architect槻橋修/ティーハウス建築設計事務所+東北工業大学槻橋研究室

address宮城県

住宅特集2007年3月号 134P

丘陵地帯の造成された住宅地に建つ。周辺道路の、うねりながら上下する感覚が、建物内部でも経験できるよう、壁を二方向に振って配した平面となっている。また、内部の各場所から各方向への眺望は、距離感をさまざまに変化させるように開口を設けている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年3月134ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。