• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
蓼科の森の家
飯田善彦+井口高浩/飯田善彦建築工房
bookmark_outline
概略
冬季の外気温がマイナス15度まで下がる環境に建つため、OMソーラーが用いられている。周囲は背の高い樹木が密集しているため、南が低く北に向かって屋根がせり上がる東西に細長い形状で、OMソーラーの集熱面への影響を極力少なくしている。また、雪や湿気の影響を避けるために、生活スペースは地面から切り離されて宙に浮かべられている。各部屋の開口部は、前面に広がる豊かな樹林との関係で決定されたもの。
所在地
長野県
掲載誌
新建築住宅特集 2006年9月号 42P