オモヤ・ハナレ

architect垣内光司/八百光設計部

address奈良県

住宅特集2006年2月号 132P

木造・一部鉄筋コンクリート造+鉄骨造/平均斜面角が30度を超える斜面に建つ。2世帯住宅のため大きくは2棟に分けられ、その間の空間を共用の路地としている。斜面下方への眺望を生かすこと、1階の事務所スペースの内部容積を確保することなどを考慮した断面計画がなされている。第23回吉岡賞(現・新建築賞)受賞作品。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年2月132ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。